忍者ブログ
とある茄子科の日常 2008/9/26
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

またも親父発案の突発旅行。
老体に無理はいけないというに。

とは言いつつ、ワイドビューしなのに乗るのは
初めてなので、少しテンション上がってたり。

日本三大車窓とやらに選ばれた姨捨の風景を
見ることができたり。
うらしまたろうがどーのってのもあった。
やっぱ電車ですよ。もう。


長野駅から徒歩すぐ。暑かったけど。
なんというか、一生に一度は…っていうから
かなり規模の大きいお寺さんかと思っていたけど、
決してそうも大きくはなかった。

ただ、お戒壇めぐりとかいって、御本尊の安置される
瑠璃壇下の真っ暗な回廊を歩くのが、今までにない体験で
面白いものであった。
本当に暗闇で、少しの明かりもない。何にも見えない。
そんな中を壁伝いに歩き、極楽の錠前を探り当てて、
秘仏の御本尊と結縁する道場なのだという。
あれは小さい子供には怖いだろうなぁ。

あと、松本城を帰りにひっかけていった。
全体的に黒い壁が占めていて、烏城と呼ばれるらしい。
割と小さい城で、6階の大天守まで公開していた。階段キツッ


日帰りでこんなところまでいけるなんて、どこも近くなったものだ。



・ちょっろっとUO
先に行われた、夏のアイテムキャンペーン。
僕は2コード分だったのだけど、どちらもトクノ染めだった。
天然髪染めは種類選べないし、これが一番良かったかも。


・前期試験結果
授業の8割を寝ていた2科目は案の定落とした。
まぁ必須のものは全部受かってたし、
優や良も思ったより多かったし。
一年目ではしゃいだ割には良かった、としておこう。
PR
いやー、広いのなんのって。
二泊三日では北海道の「ほ」の字ぐらいしか見れない。

安プランでの北海道旅行!
まぁ中部国際空港からの出発なわけでしたが、
これから行くというのに、まさかの北海道物産展。
試食しまくってやった。

飛行機に乗るのは修学旅行以来。
小さいころはきゃぴきゃぴ言いながら乗っていたらしいが、
現実を知った今、あまり気持ちのいいものではなかった。
ただの着陸ミスでボーン!なんてこともありえると思うと…
まぁ死ぬ時は死ぬのでガタガタ喚いてもしょうがないんですが。

乗り物に強いほうではないし、もう電車が良い。電車最高。


空港から一歩出て、皆の第一声は
「さむっ」
時間が遅かったのもあるけど、空気が全然違う!
きもちええわー。

移動手段はレンタカー。
運転手は兄貴。こえーよ。

まず登別に向かうことになったのだが、道がすごい。
信号ほとんどないし、高速並みにかっ飛ばせそうな道路!!
これはバイクで走ったら気持ちよさそうだ。ちくしょうめ。

高速を降りたとたんに鬼が迎えてくれた。
ナビの指示がよくわからず、同じ道を二周したところで宿に到着。
登別プリンスホテル石水亭!
良い雰囲気の宿で、一同安心。

良い時間だったのですぐに晩飯ー
北海道名物バイキング、といったところだろうか。
実際、北海道の名物!ってなものは少なかったけど、
全体的に結構んまかった。サッポロクラシック!


事前にちょいと見てたパンフで、地獄谷とやらが良い感じらしい。
散歩気分で歩いて向かう。外に出たとたんに漂う硫黄の香り。
臭いけど嫌でもない。温泉だから許せる…とか?

鬼の人形と記念撮影しつつ到着。
ライトアップ!というのは、遊歩道の足元をを灯篭みたいな明かりで
ずらーっと照らしている、ってものだった。
これでは沸いてるところが見えない。雰囲気は凄いよかったけど。
あと、明かりが少ないおかげで星が非常に綺麗だった。
かすかに見える荒廃した大地、噴きだす蒸気。鼻をつく硫黄。
なるほど地獄谷というのも面白い。

なんとなく、今年の春に京都でやってた花灯篭を思い出した。
来年もやるのかなあれ。


面白いものも見れたし、あとは温泉!!オフゥゥウゥ
あれだけの匂いだったので心配してたのだけど、
意外とそんなにきつくなかった。
むしろ気持ちいい。いやいや凄い気持ちいい。
やっぱ温泉入ってるときってこの上なく幸せだなぁ…
と、改めて実感してきました。嗚呼、ビバ温泉。

女風呂との仕切がやたら低く、簡単に覗けそう!!
と兄がはしゃいでいたが、温泉に浸かっている僕にそんな煩悩は皆無。
まさにへヴン状態。

まぁ大げさに書いたけど、良いお湯でした。
翌朝もっかい入ったし。


二日目、洞爺湖周辺を拾いつつ小樽へ向かう。
洞爺湖周辺では、たまたま寄った道の駅で
「壮瞥の滝」なるものを知り、すぐ近くだったので行ってみた。
高さ自体はそれほどなかったが、滝壺すぐ近くまで行けて迫力満点。
水しぶきかかるがな。
爽やかで、避暑には抜群のスポットであった。

と、山中の道路で狐を発見。
近づいても逃げないので減速しつつ通過しようとすると、
なんと近づいてくるではありませんか。かわいいなおい。

野生の狐を間近で見られるとは。憶病なんじゃないのか!?
まぁおそらくは、ここを通る人から餌を貰っていたんだろう。
人間のちょっとした行動が、生態系を乱す。
まぁ、もう来るところまできているし、今更感はあるが。
これでは車に轢かれること多数であろう…

複雑な心境を抱きつつも小樽へ到着。
したはいいが、なんとも微妙な時間に着いた。
とりあえず、うに・かに・いくら…の三色丼!
蟹がしょぼかったけど、うまい。まぁこんなのは気分ですよ気分。

修学旅行で来た所へもう一度行きたかったが、
反対方向へでも歩いたか、微妙なところを微妙に回っただけ。

歩き疲れて、札幌のホテルへ向かう事に。
と、ホテルの駐車場が満車ときた。んなアホな。
しかも有料駐車場で、料金はこっち持ちときた。
ふざけた話だ。
一度チェックインしに入り、すぐさま街へ繰り出す。
まぁ有名どころはおさえよう、ってんで時計台へ。
アホみたいに写真撮った。

お次は、有名になってる花畑牧場の生キャラメル。
パチモンの生キャラメルはたくさん出てるけど、
やっぱり元祖は違うな、とは思った。
歯にくっつかんし、味も割とさらっとしてて食べやすい。
ただ、高い。

そして適当にラーメン屋へ入る。
こういう時の引きの良さは健在らしく、うまかった。
大心…だったかな。まぁラーメン店なんていくらでもあるし、
同じ所に二度行くことはないかもしれないけど。

3日目はすぐに帰宅。満足にお土産も見れなかった。


うん、やっぱり市街よりも函館市場とか、美瑛、富良野とかの
自然の風景とかのが良かったかもしれない。僕の好みでは。
勿論、ちゃんと下調べしてけば市街でも楽しめたとは思うけど、
やっぱり雄大な自然を感じるほうが好きだ。

登別いいとこだったー…


という北海道旅行だったとさ。
次行くときはバイクで一人旅がいいな。
明日から二泊三日、本州を離れ北海道へ飛んできます。
予定としては登別、小樽、札幌市街を攻めるらしい。
登別だけで十分なんですけどね僕は。
温泉!!温泉!!(・◇・)


予習全くしてないので、またいつものグダグダ旅に…
まぁそれこそがウチなわけですよ。


そして旅行に備えてiPodの編集をしてたわけですが、
パソコンに繋いだらiPodが死んだ。
応答がない。

おいィィイィィィ
高校時代の友人と京都行ってました。

今回のメインは、竜安寺の石庭。
そしてその周辺の寺院を拾っていくプランでした。

まずは市バスで金閣寺こと鹿苑寺へ…
220円均一なのはわかりやすくていいな。

やっぱり修学旅行とかでなく、自発的に行くと良いものです。
アヤメきれい。


ちょいと歩いて、早くも竜安寺へ。
回遊式庭園はやたら広く、アヤメやツツジが綺麗でした。

問題の石庭は、なんか屋根の工事中とかで白いカバーが邪魔でした。
しかも背の高い外人がやたらいて、見渡せたものではない。
残念だ。

しかし石庭というものは面白いですね。
水を使わずに壮大な景色を庭の中に再現する。
それぞれに深い意味を残し作ったのだろうけど、その受け取り方によっていろんな解釈が生まれる。
何が正解か、ではなく、個人の感性でその景色を再構築、真意を探る…

カッコつけたけどそんな感じだと思います。
良いものですね、本当に。

帰りがけ、スタイル素晴らしく、きれいな外人さんがしゃがんで庭園を撮っていた。
良いものが見れました。

お次は仁和寺へ。
こちらの庭園は、五重塔が良い具合に見える綺麗にまとまったものでした。
様々な思いが去来します。
案外見るところは少なかった。


ラスト、妙心寺。
大法院で露地庭園を眺めながら抹茶と茶菓子を頂く。
ゆっくり、ボーっと考え事のできる和みのひと時。
忘れやすいものですね。

退蔵院の庭が興味深かった。
まぁ綺麗に手入れされてること。


どこを見ても紅葉が良い具合に植わっていた。
秋には鳥肌とまんないんだろうな…
京都は秋が一番ですね。


さて、時間的に寺院も閉まりだすけどまだ遊べる。
というわけで名古屋に突撃。
ブルジョア兵器大活躍。金は一気に吹っ飛ぶ。
服見たりなんやかんやで遊んでました。楽しかった。


日本という国はこれだけ素晴らしいものを持っているのに、
それを自ら潰そうとしてる。

京都に行くと、毎回それを痛感します。
まぁ、僕だってその便利さを享受してるわけですけどね…


あー、ゴールデンウィーク終わったー。
遊べたしゆっくりもできたし、なかなか良かったと思う。

…まぁ明日と明後日行ったらまた休みだし、頑張ろう。




おまけ
9dce7dee.jpeg









突っ込みどころ満載。
宿の晩飯に柿のふろふき出た事を書き忘れた。
柿って言われなきゃ大根と勘違いするようなもんでしたが。


2日目は奈良公園へ。
氷室大社の枝垂桜がほぼ満開で見事でした。
東大寺の大仏を眺めた後、鹿に煎餅をやる。
尻に頭突きするわ足噛むわでひどいめにあいました。
大人しくしてりゃ可愛いんだけどなぁ…

柿の葉寿司食べて春日大社へ。
この辺はいつ来ても鹿だらけですこと。
春日大社は祭神が天照らしく、なんとなく雰囲気が
伊勢神宮と似てるような気がした。
やっぱ仏教より神話ですな、仏教も面白いけど。

帰りがけ、また飛鳥へ行き時間的に見れなかった石舞台古墳を回収。
素直に感動しました。不思議な空間です。
飛鳥は全体的に長閑で良い所でした。

京都と似ているようで結構違う、ここはここで素晴らしかった。
来年、日をあわせてもっかい吉野山に来たい。
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新記事
(05/14)
(03/07)
(02/25)
(12/17)
(10/20)
最新TB
プロフィール
HN:
tomato
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1991/03/23
趣味:
バイク 旅行 音楽鑑賞
自己紹介:
社会人一年生。


旅行が好き。手段は問わず。
神社仏閣や、日本の原風景が好み。

バイクが好き。レトロチックなやつ。
Brough Superior SS100は、
この世で一番カッコいい。
愛車はエストレヤRS(01年式)

ゲームが好き。
UO@飛鳥
禅都在住。ハウジング最高!


絵:ぼるさん
感謝!
バーコード
ブログ内検索
Photo by 音信不通
忍者ブログ [PR]