忍者ブログ
とある茄子科の日常 2008/9/26
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ぼちぼち続けてます。

誰か来た時にふるまうので、
ちょうど良いペースでボトルも減っていく。


ちょくちょく種類を変えて飲んでみたけど、
やっぱり僕にはスコッチが合ってる模様。




・グレンフィディック12年
グレンリベットと並んで有名なオフィシャルボトル。
世界一の流通量を誇るんだったかしら。

これがんまーうまい。
フルーティで、なんかいろいろ満たしてくれる味わい。
確かに、尖った特徴を持った様々なウイスキーに影響され、
忘れられがちではあるんだろうけど、
原点として一本常に持っておきたい一品。



・グレンモーレンジィ オリジナル
こちらも有名なオフィシャルボトル。
甘めでライト、木っぽさもある。
落ち着いた味わいで、こちらも尖った感じは無い印象。
失敗したなーと思ったのは、こういった傾向のボトルは
一種類でよいなということ。
好きなんですけどね。
評価の高い、ネクタードールやエランタも試したいところ…



・ボウモア 12年
癖が強いと評判のアイラウイスキー。
前回、ラフロイグに触れてたけど、
正直アレ飲んだ時は大概酔いが回ってたので、
ちゃんと味わえたかというとそうでもなかった。

香りは、よく言われる消毒液のようなもの。
正露丸、ヨード、海岸の倉庫。
それらが鼻をつくが、その中には確かに
甘みを期待させる香りが含まれる。

口に含むと、驚き。
ピート由来の香りと、甘み、深みが
非常によいバランスで広がる。
ラフロイグ飲んだ時も、なんだかんだおいしいと思ったし、
アイラ好きかも。
他のウイスキーでは発想もしなかったけど、チーズが合う気がする。



・白州
お店で飲んだ時においしかったので、ハイボール用に購入。
結局ストレートでは飲まなかったけど、
スモーク感とすっきりしたフレーバーが、炭酸ではじけて心地よい。
暑くなるこれからの時期、ぴったりのウイスキー。




ちょっと変わってバーボン・ウイスキー。
・メーカーズマーク レッドトップ
まず驚いたのは、キャップが封蝋してあること。
これ、一本一本手作業でやってるようで…
このご時世、なかなかなさそうなこだわりに好感。

香りは、これまでと比べ少しアルコールっぽさが強い印象。
飲んでみると、ひたすら甘い!ぶわぁーっと甘みが広がる。
で、そのあとグレーン由来なのか、独特の風味が残る。
あまり記憶が定かではないけど、ジムビームだか飲んだ時も、
似たような印象を持ったので、バーボンというのはこんな感じなんだろう。
おいしい!

いまのところ、少なくともまずいと思うものはないな。
PR
ウイスキーに執心。
気まぐれにバーに入って、数種類飲んだだけで
その多様性に心惹かれました。

記録しとかないと忘れそうなので、
感想と一緒に残しておく。
表現は大体受け売りです。


・スコッチ シングルモルト
①ブラドノック 9年
一度閉鎖し、生産量を限定して再開した
ブラドノック蒸留所のウイスキー。
ローランドモルトは個性に欠けると聞くけど、
香りは若草、少々土っぽさ。
若い感じがするけど、それなりのパンチがある味。
すーっと抜けていくハーブみたいな感じ?
個性的なウイスキーでした。

初めてボトルまるごと買ったけど、
これは正解だったと思う。


②グレンリベット 12年
ウイスキー飲んでる人で、これ知らない=モグリらしい。
それほど有名なラベル。
これぞウイスキーとか、「基準」とか言われてるけど、
飲んでみて確かに、と思った。
全部が良い感じにまとまってる、といいますか。
個性豊かなスコッチを飲むなら、
とりあえずこれからいっとけと思えるものでした。


③クラガンモア 12年
女性的だよー、とマスターにおすすめされた一本。
アロマな、華やかな香りにまず驚く。
かつ、少しのスモーク感。複雑で繊細です。
口に含むと、心地いい甘さと、
香りを裏切らない花のイメージが広がり、
その余韻が続きます。
おいしい!!!


④グレンキンチー 12年
繊細なウイスキーだよー、とおすすめされた一本。
傾向はクラガンモアと似た感じ。
丁寧に味わいたいなあ、と思いました。
全体的にライトで甘い、飲みやすいウイスキー。
これもおいしい!!!
これもローランド産だそう。


⑤プルトニー ?年 ボトラーズ シェリーカスク
年数忘れた。
マスターに教えてもらって初めて知ったけど、
ボトラーズとは、蒸留所から樽を買い取って、
良い感じのところで瓶詰めしたものらしい。
で、大体は樽からそのままで加水してないので、度数も強め。
→シングルカスクとか、カスクストレングスとかいう。

よくダークチョコレートとか言うけど、
よくこの香りからそんな表現にたどり着くなぁ。
テイスティングする人は大体歩く辞書。

で味は、ぐっとパンチきた後、
穏やかな甘みが広がる。シェリーのドライ感とやらも。
先述の2本とは違った方向で繊細、複雑。
ゆっくりと考えながら飲むことで、いろんな発見ができます。
強い余韻が続きますが、強すぎるということもなく。
ぜんぶうめー。


⑥ラフロイグ 多分10年
ピート!!!少しの潮の香りと、
ピート!!!!
いかにもなピート香、これぞアイラウイスキーといったところ。
それがクセになる、というのがよくわかる一本。
このスモークっぽさと、味わいの甘み、
是非また試したいものです。


⑦山崎 12年
あまーい香り。花とかではなく、果物的というか。
はじける甘い香り?表現って難しい。
口に入れると、甘い。フルーティな感じが続く。
良く言えば飲みやすく、悪く言えば飲みごたえがない。
日本人の好みに合わせてる感の強いウイスキー。



・スコッチ ブレンデッドモルト
①シーバス・リーガル
ソフトかつ爽やかな印象。
広がる果物感。なんかりんごが浮かぶ。
原酒がそんな感じらしい。なるほど。
やわーく個性のある、飲みやすいウイスキーでした。
2014年2月22日、土曜日。
我が家の愛犬、チャムが亡くなりました。16歳でした。

去年末、首のあたりにしこりができているのに気付いた父親が、
獣医に連れて行って観てもらったところ、
悪性のリンパ腫の可能性があるとのこと。

診断のために精査してもらい、およそ間違いないということで、
治療の方針を提示された。

言ってしまえば悪性リンパ腫というのは
体中をがん細胞が流れることとなるので、
聞いた瞬間にもう先が長くないというのは理解した。

抗がん剤治療ももちろんあったのだけど、
1時間の点滴を繰り返さなければならず、
副作用ももちろんあるのだろう。
辛い思いはできるだけ短い方がいいだろうと、
ステロイド治療のみ選択。

年末の時点ではまだ元気だったものの、
この2か月で急速に病態が悪化し、
22日、その生涯を終えました。


月曜日、いよいよ立てなくなってきたと
父親から連絡があった。
普通なら土曜日が休みの週だったが、
研修が入っていて、それが終わってから急いで帰宅。

チャムは、待っていてくれたかのように
僕が帰ってからしばらくして息を引き取りました。


ただ、強烈な後悔が残りました。
しんどそうなチャムを置いて、食べるものがないからと
晩飯を外に食べに行っていました。
そして帰宅したら、すでに息を引き取っていました。

もう一匹、一緒に暮らしている犬がいたとはいえ、
ずっと一緒に暮らしてきた僕らがいない状態で、
寂しく、苦しい中で
一人で逝かせてしまった。

それをあいつがどう思っていたかなんてわからないけど、
せめて苦しい最期、温かい膝の上で、
一緒に暮らしてきた家族の見守る中で、
少しでも幸せを感じながら逝ってほしかった。
本当に申し訳ないことをした。

普段、魂だとか神様だとか、
そんなオカルトチックなことは毛ほども信じていない僕だけど、
こういう時ばかりは、神様とやらに、
天国とかいう場所で、温かい場所でおいしいご飯をいっぱい食べ、
元気いっぱいに走り回らせてあげてほしい、と心から祈る。


チャムは家に来て幸せだったんだろうか。
他の家に行くという可能性を考えることすらできないだろうし、
そんなことを考えても仕方ないなんてよくわかってるけど、
幸せにできたのか、一緒にいて楽しかったのか、
どうしても考えてしまう。


小学校に入る前からずっと一緒に育ってきたチャムに、
僕はいろんなことを教えてもらった。
あいつがいなければ、今の僕は存在しえない。
本当に良い犬だった。


もう、実家に帰っても、
ふわふわの毛並を持った犬はいない。
名前を呼んだら、一目散に走ってきて
膝の上に飛び乗ってきた犬はもういない。


服についた犬の毛を見るたび、あいつのことを思い返す。
あいつのことを思い返すたび、涙があふれてくる。

ただただ、あいつにはお礼を言いたい。
家を明るくしてくれてありがとう。
お前のおかげで本当に楽しかった。


いつか僕も天国に行けるなら、会えたらいいなぁ。
・バイクde夏祭り!!

日曜日。
病院の先輩に連れてっていただきましたるは、
豊田スタジアムで開催のバイクde夏祭り!

なんでも、国内外様々なバイクの試乗ができるらしい。
未だ空冷単気筒の相棒、エストレヤにしか乗ったことがないので、
この機会にフルカウルでも乗ってやろうかしらん!!


なんじゃこりゃあ
DSC_7229.JPG





すさまじい数のバイク!


ジャケットやら周辺機器やら、
さまざまな関連メーカーの出店がいっぱい。
そして何より、各国のバイクの展示!!
パニガーレにブリットに…テンションあがるあがる。


しばらく散策すると、なんか白バイがブンブン言い出した。
交通安全演習ということで、
ちょっとしたパフォーマンスを見せてもらえるようだ。

これがまたすごかった。
一本橋はもう静止。完全に止まってやんの。ありえん。
とんでもない旋回技術。目ぇ回らんのかしら。


そしてそれらすべてを吹き飛ばすインパクト。
DSC_7234.JPG





クッパいるんすかここ!?
数秒で人だかりができていた。
ナンバープレートついてたし、普通に公道走ってきてたわけで…
是非、走行シーンを見たかった。



さて、アトラクションばりの待ち時間をひたすら耐えて、
やってきました試乗タァァインム!!

7238.jpg









ninja250!!
一番人気で、僕が乗れたのは
先輩方が全員試乗を終えた後でした。サーセン。


簡単なインプレをば…
エストしか知らないのでアレですが…


まずライディングポジション。
さすがの前傾姿勢!!
前傾姿勢ってもっとしんどいかと思ってたけど、
結構楽なうえに、動かしてる感がすごい。

走行性能。
これに関してエストは、こいつに勝てる要素皆無。
するーっと走りだし、もう60㌔。えっ?
速いの意味がよくわかった。
こういうバイクでぶん回したくなる気持ちもよくわかった。
でもこれ250。リッターバイクってどんなバケモノなんすか。
フルカウルだし、高速も楽なんだろうなぁ。

足回りも問題なし。
きっちり止まるブレーキ。
エンブレもがっちり。加速、減速が気持ちいい。
Nにスゥワッと入るのが大変気持ちいい!!

排気音。
これはエストの方がいい。
排気音に関しては、単純に好みがあるかと思いますが、
好み以前の問題に、70㌔を越えたあたりで出るらしい
耕耘機サウンドとやらが問題らしい。


結果として。
ninjaは、スイッとスパッと、気持ちいい走行を楽しめそうです。
これでワインディングとか憧れるなぁ…
レンタルバイクでどっか行ってみようか。



いい経験だった。もっといろんなバイクに乗ってみたいもんです。
やべ…かき氷食ってない…
今更すぎるものをやってみた。

オモテゲノムは、直接相手に見える部分。
ウラゲノムは、動作の原因、発想のクセになる部分。個性。

オモテゲノム…COOL
ウラゲノム…「PURE」「INSPECTOR」「FEELING」

簡単にまとめると、オモテゲノムCOOLは
私は私、ヒトはヒト。自分の信念、個性に基づいて行動します。
自分だけの世界観を持つ人ですが、意外に頑固というわけでもなく、
よくしゃべる人には聞き役、社交が必要なときは当たり障りなく会話と
相手に応じて割り切ったコミュニケーションを取ることができ、
もめ事も起こさず、さらりと会話をこなすタイプ。


ウラゲノムは
1.PURE
なんでもみんなと一緒にやりたい、みんなと楽しむのが大好物。
誰の話にも広く興味を持ち、協調性をフルに発揮して
いいカンジの友好関係を築きます。
どこか子供っぽいところもあり、利己的・打算的な発想を嫌いますが、
そんな無邪気さわがままさも、気持ち良い関係づくりに使っちゃうセンスの人。

2.INSPECTOR
常に考える人。慣例や伝統、モラルまでまず疑う。
みんなそうしてるから、などとありがちな結論では納得しない。
問題や仮説を思いつき次第投げかけ、自分なりに納得するべく
じっくりと悩みます。
様々な意見や考えに柔軟に興味を持ち、いろいろトライします。
時にふってわいたような謎の言動や行動で周囲をハラハラさせたり、
比較的ころころ意見がかわったり、考えながら喋ったりするので、
周囲がついていくのが大変。基本的に文句言い。

3.FEELING
勘のいい人。事実だけでなく、今の気持ちや
直感を考慮して物事を決めます。
気持ちや勢い、根性などで気持ちを左右されます。
ユルユルな、かたいこといいっこなしの柔軟さ。
いいよいいよのお目こぼしもアリという寅さん気質だが、
話に一貫性がない、約束事を守らないといった
風まかせの一面もあります。
フヤーっとモノを考えるのが好きです。



…えー。
オモテとウラが相反してます。
大人っぽくて子供っぽい。

すごいトラブルメーカー的な感じになってしまった。
でも外れてるとは決して言えない。

こういう診断は、自分を見つめなおすいい機会になるので
結果云々を置いといても、たまにやるといいものだと思う。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新記事
(05/14)
(03/07)
(02/25)
(12/17)
(10/20)
最新TB
プロフィール
HN:
tomato
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/03/23
趣味:
バイク 旅行 音楽鑑賞
自己紹介:
社会人一年生。


旅行が好き。手段は問わず。
神社仏閣や、日本の原風景が好み。

バイクが好き。レトロチックなやつ。
Brough Superior SS100は、
この世で一番カッコいい。
愛車はエストレヤRS(01年式)

ゲームが好き。
UO@飛鳥
禅都在住。ハウジング最高!


絵:ぼるさん
感謝!
バーコード
ブログ内検索
Photo by 音信不通
忍者ブログ [PR]