忍者ブログ
とある茄子科の日常 2008/9/26
[356]  [355]  [354]  [353]  [352]  [351]  [350]  [349]  [348]  [347]  [346
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

9月10日

起床。
だべり場で天気予報を見てみると、
やはり晴れるのは道北らしい。

とりあえず行ってみて、どうするかは後で考える。



雨は止んだ!!

しかし相変わらずの曇り空。
途中で雨が降らないとも限らないが、
とにかく出発します。

の前にみんなで記念撮影!
昨日の夜遅めに合流した、
特殊カブのおっさんの知り合い?の人は
何かやらかしてそうなこわい目つきで写っていた。


さて、まさかの帯広から北上という
ほぼ一度通ったルートをなぞる結果になったが、
そこは北海道。二回目でも楽しい楽しい。

ちょっと雨に降られたけど。


で、始まったばかりの記事ですが、もう宿に着きます。
走ってる本人は楽しかったけど、書くことは別にないもので…


本日のお宿は、オロロンライン沿いにある
ライダーハウス併設のカフェ、吉里吉里というところ。
手作り感あふれるお店で、居心地のいいところでした。

まず出会ったのは、ビグスクのおじさま。とても愉快な方。
で、不思議な縁があったわけで。

数日前、クッチャロ湖キャンプ場で泊まりましたが、
この人、なんと同じ日にキャンプ場にいたそうで。

キャンピングカーのおっさん集団の中に混じってたらしく、
僕がいた日の前日まで、釣った魚で大宴会してたらしい。


この人とともに、宿の人の送り迎えで温泉へ。
温泉から戻ると、人も数人増えていた。

と!!先日ライダーハウスPitで出会った
ニンジャのお兄さんがいるではないですか。
お互い顔を見合わせて、あっ!と。
本当に再会しまくる旅ですこと。

みんな気のいい人ばかりで、お酒も入って
あーだこーだと笑いながら雑談に花開く。

またここの料理が大変おいしい。
砂肝のこんふぇ…?だかなんだか、
珍しいものもあり。

宿のご主人も気さくな方で、楽しかった。
数多くのライダーを迎えるわけだし、
楽しいことばかりじゃないだろうに、
こういうところのオーナーには頭が上がらない。


ふっかふかの布団で、ゆーっくりと眠る。
旅をすると、いつも当たり前のこともうれしい。



この日ももちろん、旅の間ずっと考えてた。
バイクで、一人で旅をしてると、
自由で、開放的で…楽しいのはもちろんのこと。

でも、それ以上に人との関わりの大切さを
思い知らされます。

今自分が楽しく旅をしていられるのは、
出会った人に限らず、常に誰かのおかげ。
一人で旅に出ても、一人じゃないんだと
ツーリングに出てよくわかりました。

当たり前のことなんだけど、
実感してみないとわからないもんです。


11日へ続く…


2013/12/01
まあいいか、と思い直したので修正
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新記事
(05/14)
(03/07)
(02/25)
(12/17)
(10/20)
最新TB
プロフィール
HN:
tomato
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1991/03/23
趣味:
バイク 旅行 音楽鑑賞
自己紹介:
社会人一年生。


旅行が好き。手段は問わず。
神社仏閣や、日本の原風景が好み。

バイクが好き。レトロチックなやつ。
Brough Superior SS100は、
この世で一番カッコいい。
愛車はエストレヤRS(01年式)

ゲームが好き。
UO@飛鳥
禅都在住。ハウジング最高!


絵:ぼるさん
感謝!
バーコード
ブログ内検索
Photo by 音信不通
忍者ブログ [PR]